平成25年6月13日 6月15日

 

『徳光小学校アグリスクール 西瓜の収穫と市場での出荷セレモニー』

 

 4月の下旬に『交配』を行って50日程経過し、西瓜は順調に育っているようです。今回6月13日に『収穫』を行い、6月15日には『市場へ出荷』 をしました。

 

 

 『収穫』

 

 6月13日は、 待ちに待った『収穫』の日です。 西瓜の栽培は初心者にはなかなか難しいとの事ですが、農家の方や農協の方の協力もあり、畑には立派 な西瓜が出来ていました!

 

 

 

さぁ、いよいよ収穫です。はさみでチョキンと切って、わっせわっせとみんなでトラックの荷台へ運んで行きます。とっても重いので、みんな落とさないように気をつけて!

 

 

 

中には、一人では運べない位大きな西瓜も!山川高校のみなさんが一緒になって運んでくれました。無事に運び終わると、トラックの荷台は西瓜の山!およそ140個の西瓜を収穫する事ができ、今回の西瓜の栽培は大成功 だったようです!

 

 

 

『収穫』を終えると、高齢者福祉施設の徳光苑にも西瓜の贈呈を行うとの事で、弊社もそのまま贈呈式に出席させて頂きました。おじいちゃんやおばあちゃんも、 特産品の徳光西瓜をもらいとてもよろこんでいるご様子でした。

 

 

 

 『市場での出荷セレモニー』

 

 6月15日は、収穫した西瓜 の『市場での出荷セレモニー』が行われました。今日は子供達には早起きをしてもらい、7時過ぎには市場に来てもらいました。ずらっと売場に並べられた一つ一つの西瓜には、買ってくれる方、食べてくれる方に対して子供達が心を込めて書いた手紙が添えられています。

 

 

 

セレモニーが始まり、子供達はもちろんドキドキしている様子ですが、校長先生の挨拶では『どんな値段が付くか楽しみです』と 、子供達だけでなく先生方も自分達で作った西瓜のせりが楽しみなようです。

せりの前には試食が行われ、皆さん『とても美味しい、うまい、甘い』と子供達が作った西瓜は大好評!

 

 

 

いよいよせりが始まりました。なんと一玉5,000円という高値もつき、会場は拍手に包まれ大盛況!子供達も大喜びです。作った子の名前を呼びながらせりは進められ、子供達も恥ずかしがりながらも手を挙げてくれて、最後まで賑やかな雰囲気で行われました!

 

 

 

せりが終わると、事務所に移動して、おにぎりと豚汁で朝食タイムです。市場への質問や、野菜や果物についての話などを聞いて頂きました。早朝より約2時間の体験でしたが、みなさんお疲れ様でした!

 

 

 

今回、『徳光小学校アグリスクール』では、地域の特産品である西瓜の植付から収穫までを行い、さらには市場への出荷も体験して頂きました。今回の体験 は、特産品である西瓜の歴史を学び、地域の農家の方とふれあいながら農業への関心を深め、食の流れを学ぶ良い機会・そして良い思い出になった かと思います。

徳光小学校の皆さん、そして関係者の皆様お疲れ様でした。